一村さんへの手紙 2018年12月

ぼくは一村さんのふじずがすごいとおもいました。
なぜならこまかいところまでていねいにかいていたところです。
一村さんの作品にお逢いしたいと思ってから約10年経って
やっとここに来ることができました。
今まで、図録でしか観ることができなかった作品達、
私は特に「白い花」が大好きです。
一昨日奄美に初上陸し、2時間程滞在し、昨日は金作原原生林へ行ってきました。
実物のクワズイモ、ヒカゲヘゴ、桜ツツジの花も観ることができ、
今日再来館して、描かれている植物を更に身近に感じながら作品を拝見しています。
今日の午後帰路につきます。
またいつか、お逢いできる日まで。ありがとうございました。
何年も何年も一村さんの絵を見たくて見たくて、やっと奄美に来れました。
清冽さと生命感にあふれたたくさんのすばらしい絵をありがとうございます、と
一村さんに伝えたいです。
ここに来て「一村さんらしさ」は奄美に来るずっと前からあったんだということ、
千葉時代の絵からも感じることができました。胸がいっぱいで涙が出そうです。
一村さん、本当にありがとう。
幼少期からの画才が奄美で一気に開花したのですね。
もっと長生きして、もっとたくさんの作品、
もっと変化していく作品を見たかったです。
天国でも才能いっぱいに筆をふるっていらっしゃるでしょうネ。
もう10年ほど前になるでしょうか。
東京のデパートで見た作品が忘れられませんでした。
ずーっと絵の前から動けなかった、あの感覚をもう一度味わいたくて来ました。
今回は、どうして一村さんの絵にひかれるのか少しだけ分かった気がします。
呼んで下さってありがとう。