一村さんへの手紙 2019年4月

一村様。私も奄美が大好きです。奄美の自然を生き生きと描いた
一村さんの作品が大好きです。ここに来たのは2回目。
39才目前にして、日本画をはじめて来たら、一村さんの凄さに感動しました。
私も奄美の自然を感じて、一村さんから教えて頂いたことを大切にして、
絵を描いてみたいです。ありがとうございます。
昔、新聞であなた様の生き様が連載されていた時、毎回夢中で読んでいました。
世の中の汚さ、貧しさの中で、奄美の方々に支えられ、画家としてこの世に残せる
絵が完成した事をとても嬉しく思います。できたら生きてるうちに感動を
伝えたかったです。生き様が力強く、そしてやさしさが絵に表現されているみたいです。
素人の私が、一村さんの絵で感動できたことを感謝申し上げます。
約20年前に新聞に載っていたのを見て以来、ずっと田中一村さんの作品を見たいと
思っていました。新聞で見た時のあの一瞬の感動は今でも鮮明に覚えています。
今日作品を見ることができ、また田中一村さんがどの様に生きてきたかを知ることができました。
もっとたくさん絵を描くことができる時代だったら、また違った人生になっていたのかなと
思ってしまいました。田中一村さんが残して下さった絵から、私達は多くの想像をし、
学ぶことができます。それは絵画のことだけではなく、時代(戦争)についてでもです。
これからも田中一村さんの絵を見にまた奄美に来ます。ありがとうございました。
一村さん、やっと本物のあなたに会えました。うれしくて、心がふるえて、涙がでてきました。
孤独の中で過ごされたのかなと、ずっと思っていましたが、実際に奄美に来て豊かな深い自然に
触れて”あぁ、この中で暮らしていらしたのだ”と、よく分かりました。人との付き合いは
そんなに多くはなかったかもしれないけど、アダン、ソテツ、多くの花々、樹木、草々。
あってありあまるあなたを取り囲む自然。その豊かなエネルギー、やすらぎ、なぐさめを得て
おいでになったのですね。描かずにはいられなかったのですね。素晴らしい作品をありがとう!
又、来ますね。
念願だった田中一村記念美術館。感動しています。素朴な自然描写をされている。
細かな筆使い。どれを見ても心に深く伝わってきますね。
南国の植物に囲まれ、奄美の人達の人情の中で、素晴らしい作品を描き続け、
生活してこられた姿に共感しています。
今日は、会えて嬉しかったです!