一村さんへの手紙 2019年8月

初めまして。友人に勧められ、来館することができました。
9歳の頃に描かれたはまぐりの絵がとてもお上手で、色づかい、筆のタッチ、構図、
全てにおいてこの年になった今でも、私には描けないと思いました。
とても素敵な絵ばかりなのに、無名のまま生涯を終えてしまったと知って、
すごくふがいなく感じました。今とても皆さんに愛されていて、私も感動をもらえて、
天国のあなたに少しでも届くことを願いながら、筆をとらせていただきました。
一村さんの絵を観て、私は感動しました。こんな細かく描けるとは思いませんでした。
特に感動したのは、花と虎鶫(とらつぐみ)でした。一本、一本きれいに細かく、
模様もしっかり描けてました。美術館に入るのは初めてでした。こんなに素敵な絵を
ありがとうございます。あなたの絵を参考にし、絵をもっと上手に描けるように頑張ります。
筆を上手く使っていて、とても魅力的でした。一つ一つ細かく描いていて、
すごいと思いました。何時間でも観ていられます。他の作品も観てみたいです。
また来たいし、友達にも言いたいと思います。
来館2回目ですが、画集では分かりづらい、花や鳥の細やかな描き込みが楽しめました。
奄美での一村さんの絵を観る度に、この島で過ごし、見てきた景色を思い出し、また奄美に
遊びに来たくなります。素晴らしい絵をありがとうございました。
ふらりと寄った本屋さんにて、一村さんの特集をした一冊に出会いました。出会って僅か一ヶ月。
表紙で見た一村さんの描く奄美をどうしてもこの目で見たく、ここまで来ました。なんて生命力に
あふれた島でしょう。一村さんが惚れ込み、ここで暮らしたいという思い、分かる気がします。
一村さんとの出会いに感謝しています。すっかり虜です。ありがとうございます。
日曜美術館で紹介された一村さんの作品を観てから、画集や展覧会で拝見してましたが、ようやく
ここ奄美へ来ることが出来ました。植物の絵は、葉っぱ一枚一枚、本物の様な質感や色彩で表現され、
今植物園に勤めている者として、熱帯温室の植栽をみていると、「一村さんの絵と同じだ!!」と
同僚に語り、画集をみせてあげてます。まだ今日、奄美に着いてばかりなので、明日、明後日とゆっくり
廻って、一村さんの描いたところなどに出会えたら嬉しいです。この美術館の建物、環境もすばらしいです。
また来たいです。