まるごと奄美が東京にやってくる!?「まるごと奄美」って何?

世界自然遺産に登録された奄美大島を体感しませんか

 2021年世界自然遺産に登録された「奄美大島」。

 世界に誇る,豊かな自然と人とが調和し独自の文化を育む「奄美」を,東京のど真ん中で感じてみませんか。

 奄美大島の郷土料理,黒糖焼酎,伝統芸能,そして伝統文化「島人の体験」をまるごと渋谷エクセルホテル東急でお届けします。

 

チラシデータはこちらをクリック!

まるごと奄美公式YouTubeチャンネル開設しました!

奄美の魅力をYouTube,動画をつうじて皆様にお届けします!

下記リンク先よりご視聴できます。

→奄美パーク公式YouTubeチャンネル←(ご視聴はこちらから)

お申し込みは,こちらから

チケットの申込については,下記「まるごと奄美前売りチケット」をクリックしていただきお申込みをよろしくお願いいたします。

 

→まるごと奄美前売りチケット←(申込はこちらから)

 

※6月3日(金)の夜は,完売いたしました。

※6月4日(土)の夜は,完売いたしました。

 

(※申込フォームは,ページ一番下にもあります。)

開催日

2022年 6 月 3 日(金)4 日(土)5 日(日) (各日程60名限定) 

昼の部 11:30 ~ 14:30 (※開場11時)

夜の部 17:00 ~ 20:00 (※開場16時30分)

会場 渋谷エクセルホテル東急 6階 宴会場

(ホテルの場所はこちらをクリック)

イベント内容

郷土料理,伝統芸能,まるごと「島人の体験」ができるまるごと奄美 in 東京を5つの項目でご紹介いたします。

 

1.郷土料理

奄美大島の伝統的な料理を忠実に再現し,渋谷エクセルホテル東急のホテルシェフと奄美の食材をアレンジした料理をブッフェ形式とともにお楽しみください。

特に郷土料理 「鶏飯(けいはん)」は,白いご飯の上にほぐした鶏肉,錦糸卵,しいたけや薬味など多くの具材を乗せ,さらに熱々の鶏ガラスープをかけて食べる手間暇をかけ

奄美大島を代表する絶品の一品となっております。

 

 

 

2.黒糖焼酎

ブランデーやウイスキーと同じ蒸留酒であるため,透明で糖質はゼロという嬉しいお酒です。口に含むとサトウキビから造った黒糖の優しい香りと,米麹の豊潤な風味が広が

り,奄美の自然と情熱を感じさせる本格焼酎です。黒糖焼酎は,オン・ザ・ロックやお湯割り,カクテルなど,いろいろなバリエーションが楽しめるのが特徴です。

そんな奄美大島の黒糖焼酎代表銘柄(20種類以上)をご用意させていただいております。(※飲み放題)

夜の部は,バーテンダーをお呼びしカクテルなどもお楽しみいただけます。

 

 

 

3.島唄ライブ

唄や踊りは,島の祝い事や祈りの場に欠かすことはできません。島人の喜び・悲しみを島の方言でうたいあげた「島唄」は,独特の”こぶし”と高い裏声が特徴です。

そんな奄美の”財産”でもある島唄・伝統芸能を体験するべく現役の唄者・踊り手をお呼びし,奄美独自の「島唄(奄美民謡)」と伝統の三味線の音色とチヂン(太鼓)をたたき,

輪になって踊る「八月踊り」や,祝いの場の締めくくりの定番「六調」踊りをどうぞご体験ください。

 

 

 

4.大島紬関連イベント

 大島紬とは

大島紬は,奄美大島(鹿児島県)を発祥の地・本場生産とする絹織物で約1300年の歴史を誇り,絣(かすり)の細かさとその技術水準の高さは他の追随を許さず,

世界の絣織物の中でも最も華麗にて繊細な織物と言えます。

絹100%を使用し,糸を織る前に泥で先染めを行い,手織りの平織りで紡合わせをして織り上げたもので数十の工程を経て,職人の手から生み出される大島紬は渋み

と絹糸の美しさが見事にマッチした美しい織物であり,現在は日本の民族衣装を代表する着物の女王と言われております。

そんな希少価値の高い伝統工芸品「大島紬」の”ファッションショー”,”着付け体験”,”機織体験”の製作工程を体験できるイベントをご用意しております。

イベント詳細は,下記のとおりとなります。

(1) ファッションショー(昼夜共通

大島紬を着たプロのモデルが登場しファッションショーをご覧できます。

ファッションショーのレクチャーを受けたイベント参加者もモデルとして参加いただけます。(事前申込が必要になります。)

 

(2) 着付け体験(夜の部のみ

着姿の美しさこそが「きもの美人」の信条。「本場大島紬」を素敵なコーディネートをしてさらに際立たせるために,プロの着付け職人の方をお呼びいたします。

本場大島紬を羽織って,実際に触れていただきます。(事前申込が必要になります。

 

(3) 機織体験(昼の部のみ

デザインに沿って,絣を締機と呼ばれる永江伊栄温氏によって明治に発明された特殊な機でくくります。

絣の模様によって,締め方にも普通締め,回し締め,ふかし締め,袋締め,帯締めと様々な手法があり,絵を描くように静謐な模様は,まさにこの締機という世界

でも類を見ない特殊な技術によって成り立っています。

伝統工芸士の方と機織機に座って実際に体験していただきます。

 

5.体験型イベント(※事前申込が必要な体験があります。)

(1) 伝統芸能体験 ~昼夜共通~(島踊り,島唄,チヂン(太鼓),三味線,指笛)

当イベントフィナーレにて輪になって踊る「八月踊り」や,祝いの場の締めくくりの定番「六調」踊り,使用するチヂン(太鼓),三味線,指笛をプロの方からレク

チャーいただきます。

フィナーレを大いに盛り上げる,楽しむためにも,たくさんのご参加お待ちしております。

 

(2) ”大島紬”小物ワークショップ ~昼の部のみ~事前申込が必要になります。

自由にデザインし大島紬をワンポイントとして入れた世界に一つだけのオリジナルコードホルダーを一緒に作ります。

 

(3) ソテツの葉を使った創作体験 ~昼の部のみ~

奄美大島に自生している蘇鉄(ソテツ)の葉を使って「かご」を作ります。一輪挿しやペン立てにもご利用になれます。

(完成したものは,袋に入れてお持ち帰りいただけます。)

 

開催日

2022年 6 月 3 日(金)4 日(土)5 日(日) (各日程60名限定) 

昼の部 11:30 ~ 14:30 (※開場11時)

夜の部 17:00 ~ 20:00 (※開場16時30分)

会場 渋谷エクセルホテル東急 6階 宴会場

(ホテルの場所はこちらをクリック)

イベントご利用料金について(*お申し込みは,こちらから

(昼の部・夜の部共通,1名料金) 大人ー¥13,000

(昼の部・夜の部ともに)     大人ー¥10,000(前売り *5/20まで販売)

                  子どもー¥5,000(小学生まで *未就学児無料)

 

→まるごと奄美前売りチケット←(申込はこちらから)

上記リンク先より,体験イベントもお申込みできます。

※6月3日(金)の夜は,完売いたしました。

 

お問い合わせ先

鹿児島県奄美パーク まるごと奄美実行委員会事務局(休園日 毎月第1,第3水曜日)

TEL 0997ー55ー2333【受付時間 11:00 ~ 17:00(土日祝日除く平日の月~金)】

Mail jigyou.ap@gmail.com

 

その他 (展示物について)

芸術の時間ー「田中一村」ご紹介・質疑応答

田中一村の絵画・奄美を描く美術展大賞作品の展示

幼少の頃から画才を発揮し,若くして南画家として知られるが,中央画壇と一線を画し,50歳を過ぎて一人奄美へ移住。亜熱帯のトリや自然を描き日本画の新境地を開いた

「田中一村」のレプリカ数点と奄美を描く美術展大賞作品を4点展示します。

 

奄美の世界自然遺産をテーマにした展示物

奄美の自然を撮影した写真を展示いたします。美しく壮大な奄美の自然をお楽しみください。

 

地元新聞社が取材した奄美の世界自然遺産登録までの道のり(過去の新聞記事を掲載)

奄美大島地元新聞社(南海日日新聞社)が奄美の世界自然遺産登録に向けて動き出した年から,登録となった2021年7月26日までの記事を展示いたします。地元から見た奄美

の世界自然とは。ごゆっくりお楽しみください。

 

加計呂麻に移住したイラストレーター「ちゃず」さんのあまみをテーマにしたライブイベント・展示。

6月3日(金)昼の部において,「ちゃず」さんのライブイベントを実施いたします。島のBGMや,民謡に合わせて1枚の絵を描き上げます。

完成した絵を,3日間(3~5日)展示ブースに展示いたします。

そして,イベント終了後にその絵を抽選で1名の方にプレゼントいたします。申込方法は,イベント期間中の展示ブースにて掲示しますので御応募ください。

 

「ちゃず」プロフィール

フリーイラストレーター,色鮮やかな色彩で,あたたかみのあるタッチが特徴的。加計呂麻島に移住中,インスタグラムで更新していた島暮らし体験漫画が人気となり,

コミックエッセイ「夫とちょっと離れて島暮らし](ワニブックス)を出版。移住中に撮影されたドキュメンタリー映画「夫とちょっと離れて島暮らし」が全国各地で公開中。

まるごと奄美実行委員会

実行委員会メンバーで東京へ参ります。みなさんで東京で盛り上がりましょう!!