一村さんへの手紙 2019年11月

何度も奄美には来ていますが、初めて田中一村記念美術館を訪れました。
あふれる色彩はこの地を見ていると、とても感じられます。
今でもそうなのだから、一村さんがおられた頃は、植物がもっと美しかったのでしょうね。
幼い頃から絵に親しみ、才能がめざましい一村さん。ご家族の不幸など、不遇の境遇だったと思いますが、
生涯絵に向き合って頂いたおかげで、今日私たちはすばらしい絵と巡り会うことができ幸せです。
ご冥福をお祈りして、現世にいる私たちは、あなたの絵で自然に感謝する気持ちを忘れないように生きようと思います。
念願だったこの美術館にやっと来れました。一村さんが、奄美に来られてからの作品が特に好きです。
自然の植物のエネルギーを感じ、心が踊る感じでした。来て良かった。
一村さん、こんにちわ。私は今日まであなたを知りませんでした。千葉寺の一本杉すばらしいですね。
私は気に入りました。こんな立派な美術館をつくって頂けて、一村さん幸せですね。
神奈川なので、今度はいつ来れるか分かりません。ありがとうございました。
念願の「田中一村記念美術館」に、今ここに立っていると思うと夢のようです。80才にあと数ヶ月でなろうとしている私を、
ここまで連れてきてくださった娘夫婦にまず感謝です。自分の才能を模索しつつ、ついにすばらしい境地にたどり着いた絵、
力強さと繊細さの中に、人々を感動させる心がこもっています。どの作品もそのとき一村先生がどんな思いでお書きに
なったかと思うと泣きそうです。ありがとうございました。