一村さんへの手紙 2019年6月

私の母は、絵を観るのが好きです。好きな画家を聞くと、少し考えてから田中一村と
答えました。私は美術のことはよく分からないですが、母が好きな絵とはどんな絵なのか
観てみたくて奄美に来ました。とても良かったです。素敵な旅になりました。
絵を描いてくれて、残してくれてありがとうございます。次は母を連れて来たいです。
一村先生、お久しぶりです。念願叶って、3回目来ることができとても幸せです。
去年、滋賀でも田中一村展があり2回行くことができましたが、やっぱり一村の愛した奄美大島で
観る一村の絵が一番最高です。これからもたくさんの人に愛され、この美術館が続いていきますように。
また来れる日を願っています。
ホテルで売っていた一村さんの絵葉書を見るまで、一村さんを存じ上げませんでした。空港へのバスを
途中下車してこちらに来ました。千葉時代の絵に懐かしさを感じます。よい旅になりました。
ありがとうございます。
一村様へ
念願叶って美術館に来ることが出来ました。昨年の佐川美術館での生誕110年展に引き続き感動で
胸が震えております。言葉では表現できない衝撃と、芸術家のあるべき姿を再認識し、私自身のこれからの
人生をも見つめ直す哲学を学ばさせて頂きました。私の父も油絵を描いておりましたが、「一枚で良いんだよ。
納得できる絵を描くように。」と恩師に言われていたそうですが、そんな作品は残せず世を去りました。
一村様に恋をしております。素晴らしい作品を残してくださり、心より感謝、感謝でございます。
再度の訪問です。感動は変わらず。日本画では、今まで感じられない画風、アダンの海辺の構図には感動です。
他、奄美時代の一村さんには計り知れない絵への心があり、感動する。生き様に、共感を…..。