一村さんへの手紙 2019年7月

鳥の絵や自然の絵の様々な動きや、色や特徴が浮かんでくるような素晴らしい絵だと思います。
じっくり観ると、もっといろいろなものが見えてくるような気がします。
私も絵が好きなので、もっといろいろな絵を描いていきたいと思いました。
一村さんは、小さい頃から絵を描いていて素敵ですね。
私の心にのこる絵がたくさんありました。
母から、「奄美へ行ったら、是非見ていらっしゃい。」と勧められました。
とてもとても素敵なやさしい絵ですね。
母だけではなく、私も大好きになりました。
ありがとうございます。
天国にいる一村様。この美術館を見て驚かれていることでしょう。
私は、9歳の時に描かれた貝の絵や、12~13歳の頃のお花の絵を観て、
その才能に驚かされました。また、秋晴の絵も、とてもすばらしく、落選となったのは、
本当に悔しいと思います。奄美の自然を描いた絵も、本当に美しく感動しました。
ありがとうございます。
初めて奄美に来ました。珍しい植物や鳥たちに触れて…..。
でも、あなたの描かれた奄美のそれらは、本物よりもずっとずーっと奄美そのものでした。
奄美を感じたいです。ありがとうございました。
まだ田中一村画伯が、NHKの日曜美術館や佐川美術館に展示されるずーっと前から、奄美で晩年を
過ごし、自分の信念を貫いた制作活動と多くの人々に素晴らしい感動を与えるほどの作品を沢山
残して下さったことは、今では奄美観光になくてはならない財産になっているようです。内地や
各地から、田中一村の絵を観る目的で来島し、心が洗われるほどの安らぎと感銘を感じ、心穏やかな
気持ちで現実の生活へ戻っていく人々の多いことでしょう。私もその中の一人ですが、奄美へ来たら
必ず時間をつくって、奄美パーク内の田中一村美術館まで足を運ぶことが楽しみの一つです。
毎日、ステキな作品をありがとう!!