一村さんへの手紙 2020年1月

一村さんって今日はじめてききましたけど、8さいのころかいた絵【白梅図】を見てとってもびっくりしました。
ぼくは絵がへたなので、こんなに上手な人がこの世にいたとはおもいませんでした。
一村さん、いろいろな絵を見せてくれてありがとうございました。
今日は、一村さんがどんなひとかしれてよかったと思います。
念願の田中一村記念美術館に来ることができ、嬉しく思っています。
独特の素晴らしい作品を観て、良い時間を過ごすことができました。
また来るときには、自分はどんな思いになるのか、奄美の美しさを表した一村様の作品、
次もお逢いするのを楽しみにしています。
同じ風景を見ていても、その人によって見える景色は違う。その鮮やかな色や形、今にも飛び立ちそうな鳥、
そんなものをぎゅっと絵に描き出せる一村さんの絵を初めて拝見いたしました。
あなたが魂を込めて描き出した絵は時代を越え、場所も越えて人々の心を揺り動かすことでしょう。
あなたの辿った軌跡を私もまた通ることができました。ありがとう。
初めて一村さんの作品を観ましたが、その作品の素晴らしさに感動しました。
丁寧でいて、色の大胆さ、構図のダイナミックなところ、色使いも赤がきいていて華やかです。
「白い花」は、今観ても爽やかで素敵な作品ですね。
中央画壇に認められなくても自分の思うままに作品を描き、人の心を打つ作品が残されていると思いました。
とても良い作品ばかりで、新年早々癒やされました。
NHKの日曜美術館で知り、一度奄美へとの願いが叶い訪れました。近代的な中に奄美の文化を取り入れた素敵な美術館。
一村様が描かれた心から絵を愛し、一生を絵に捧げられた静かで心優しい絵の中にあふれる一村様の心が伝わり、
とても嬉しかった。どうかこの美術館でたくさんの方々と絵を通じ、心を通わせてください。
きっと一村さんの心が、皆と一緒にこれからもいろんな人の心の中に生き続けていかれると思います。
ありがとうございました。