一村さんへの手紙 2020年2月

初めての一人旅で訪れた奄美で、なんとなく立ち寄ったのがこちらの田中一村記念美術館でした。
一村さんの生き様に感銘を受け、作品にもとても感動しました。出会えて本当に良かったです。
心が動かされました。また、春・夏・秋の常設展にも必ず来たいです。
滋賀での展示を見て、どうしても奄美で見たいと思い来ました。
滋賀で見たときも本当に素敵でしたが、やはり島の気候や花々、景色を感じた後ではまた違う気分です。
また、他の地で見ると印象も変わるかもしれませんね。来れて良かったです。div>

奄美という場所で自然に触れ、一村さんの作品に出逢うことができました。
作品に感動し、人としての生き方を考える時間になりました。
一村さんが生前に世の中に知れ渡っていたら、どんな人生を歩んでいたでしょうか。
あなたの望んでいた世界はあったのでしょうか。私はあなたの作品を観て、芸術の奥深さを改めて感じました。
そして芸術家を支えていきたいと本気で思いました。また必ず会いに来ます。
素敵な作品を描いてくれてありがとうございました。
一昨年の冬にある雑誌で一村さんの絵を知り、どうしても観たくてすぐに飛行機の切符を取って飛んできました。
思いえがいていた通り素晴らしい絵ばかりで、図解も買い自宅に帰ってからも時々眺めておりましたが、
また本物に会いたくなって今日やってきました。2回目も感動させていただきました。
一村さんの生涯と絵を重ねて1時間しっかり観て帰ります。また近いうちに飛んできます。
奄美が大好きです。もちろん一村さんも大好きです。
大好きなあなたの作品を訪ねて、今回で2度目の来館です。自然が大好きなあなたの作品は、やはり奄美で心を開いて
思い切り描かれたような気がいたします。小鳥や草花をいかに愛していたか、細い線の先まで筆の力が感じられました。
アカヒゲの声も聞こえてきそう。花々の香りやむしかえる湿度も、あなたの描かれていたその場所に一緒にいさせて
いただけました。ありがとうございました。