田中一村記念美術館について

田中一村記念美術館は、奄美の自然を描いた日本画家田中一村のコレクションを常設展示している美術館です。地元の素材をふんだんに使い、奄美の高倉をイメージした展示室には、一村の東京時代、千葉時代、奄美時代の作品約80点(年4回展示替え)が展示してあり、日本画家田中一村の画業に触れることができます。その他、館内の企画展示室では、奄美にちなんだ催し物も開催しています。

田中一村(たなか いっそん)日本画家

明治41(1908)年、栃木県に生まれる。幼い頃から画才を発揮し、7歳の時、父の濔吉(号稲村、稲邨)より「米邨」の号を与えられる。大正15年東京美術学校入学後、わずか2か月余りで中退、その後南画家として活動する。第19回青龍展に「白い花」を出品入選するが、その後中央画壇に入選することはなかった。昭和33年50歳で奄美大島に移住。紬工場で染色工として働き、蓄えができたら絵を描くという生活を繰り返し、亜熱帯の植物や動物を描き続け、独特の世界をつくりあげた。絵描きとして清貧で孤高な生き方を通した一村は、昭和52(1977)年69歳でひっそりとだれにも看取られずにその生涯を閉じた。

 
 
 
 
 

田中一村常設展示について

約456点の収蔵品の中から,80点程度を展示。年4回の入替を行っています。

 <現在開催中の常設展>

   期間 : 平成29年9月21日(木)~ 平成29年12月19日(火)   <作品リスト

 

 <次回開催の常設展>

   期間 : 平成29年12月21日(木)~ 平成30年3月21日(水)

 

お知らせ

 開館時間は9:00~18:00(最終入館は17:30)です。

    12月の休館日6日(水)・20日(水)です。

    1月の休館日17日(水)です。

    2月の休館日7日(水)・21日(水)です。

  鹿児島県奄美パーク・田中一村記念美術館入場料・アクセス方法のご案内>>


トリップアドバイザーの「2017年エクセレンス認証」に認定されました。

 トリップアドバイザー上で過去1年間に渡り5満点評価のうち4以上を維持し、素晴らしい口コミを一貫して得ている施設に贈られる賞です。評価や口コミをしてくださった皆様、どうもありがとうございました。ひき続き、皆様に愛される施設にしてまいります。


田中一村作品記念美術館のFacebookページ・Instagramアカウントを作成しました
興味のある方は、こちらもご覧ください。

12月開催の催し及び企画展示室の催し

PHOTO3人展 シマ・島・縞

会 期 : 平成29年12月23日(土)~平成23年1月14日(日)
※フロアトーク 平成29年12月24日(日)14:00~
時 間 : 9:00 ~ 18:00 ( 最終日は16:00まで )
場 所 : 田中一村記念美術館 企画展示室 ※観覧無料

1月開催の催し及び企画展示室の催し

木・布に遊ぶ 手仕事展

会 期 : 平成30年1月28日(土)~平成30年2月18日(日)
※フロアトーク 平成30年1月28日(日)14:00~
時 間 : 9:00 ~ 18:00 ( 最終日は16:00まで )
場 所 : 田中一村記念美術館 企画展示室 ※観覧無料

一村さんへの手紙

田中一村記念美術館では、来館者のみなさんが、田中一村さんに向けた手紙をお書きいただけるよう、「一村さんへの手紙」という用紙をご用意しています。お書きいただいた一村さんへの手紙の中から毎月5人ほどの方々の手紙をWEB上でご紹介いたしております。

一村さんへの手紙を読む>>

企画展示室のご利用について

田中一村記念美術館では、日常から美術活動や学習に積極的に取り組んでいる地域住民等の研鑽の成果としての美術作品を発表する機会を提供することにより,一人でも多くの人に美術を愛好する喜びや楽しさを実感してもらい,ひいては,地域の健全な美術活動を促進し,奄美群島の美術文化の発展に資することを目的として,企画展示室の貸し出しを行っています。貸出をする対象の方は、日常から美術の活動や学習に積極的に取り組み,奄美を拠点に活動しているか,奄美に深いゆかりがあると判断できる3人以上のグループ・団体になります。

※申込期限は、使用する年度の前年度の11月30日となります。

※美術館主催の催しなどのため使用できない期間もありますので、詳しいことをお知りになりたい方は、美術館までお問合せください。 電話 0997-55-2635

 

貸出要項>>

利用許可申請書>>

田中一村記念美術館企画展示室使用計画書(明細)>>

企画展示室平面図>>